こじろーのこと

こじろー

Author:こじろー
こじろー。
スキー。
前向きくるくる。
後ろ向きくるくる。
縦、横、斜めなど…。
チャリ。
主に下り、たまに飛んだり。

右ひざ前十字靭帯断裂。
再建手術した。
復活した。

ま、適当です(笑)

Sponsored By
Ski:STRICTLY
Pole:DOGtooth
Helmet:URGE
Drink:BEAST EYE
Shop:Jocks
Boots insole&Tuning:tp

Sponsored By
MTB:重力技研
Helmet:URGE
Wear:drop8 ←New!

今後の予定
アキグリーンフェスティバル(長野)
・5/11-3時間エンデューロ
・5/12-80kmMTBロングライドレース

セルフディスカバリーアドベンチャー(長野)
・5/26-100km

Downhill Avalanche Series#2(岐阜)
・8/10、8/11-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#3(岩手)
・8/30、9/1-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#4(新潟)
・11/16、11/17-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#5(長野)
・12/22、12/23-ダウンヒルアバランチェ

2013年度
隣の里山ロング:10本/50本

~過去~
MTBで走った本数
('12/4/1~'13/3/31)
里山ロング:101本
里山ダウンヒルショート:40本
通勤山越え:27本

マテリアル紹介

MTB:JAMIS DAKAR XLT 3.0

'09のダウンヒルマラソンでスイングアームが折れた。

MTB:COMMENCAL META5.5

MTB:COMMENCAL SUPER4

'11/4月にクラックがかなり入って今後の使用不可。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

携帯版こじろぐぅByこじろー

QRコード

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

IQにPIVOT driver BLP導入! 

2013/10/10 Thu 12:50 - category:ちゃり

はいはい、たまには車のこともね~。

先日、こんなものを導入しました。
スロコン(アクセルスロットルコントローラー)

なにこれ?って感じですよね。エンジン回転コントロールするのにアクセル踏むでしょ?それを近年の車は電子信号でコントロールしてるわけですよ。
当然、メーカーは燃費と走りを気にしてチューニングしているわけですが、乗り手によっては気に入らないこともあります。

そこで、このスロコンをアクセルの電子信号に擬似信号を送って外部からコントロールできるようにするといった代物です。
例:アクセル10%踏むに対して10%踏んでるよー または,50%踏むに対して、20%踏んでるよー的な。

それと、おまけにブリッピング機能が備わってる!(←これが本命でしたが)

早速、対応車種の中にはIQは含まれていませんでしたが、みんカラのサイトで紹介されていたのでチャレンジ!(途中の映像とかはさっぱりなくてちょっと不安)

必要なものは、
・PIVOT drive BLP本体
・ブレーキハーネス(専用※直接割り込ませるのでもOK。ただし、使ったほうが楽)
・アクセルハーネス(専用※使ったほうが楽)
・クラッチハーネス(援用※直接割り込ませたので買ってない)

さ、工事工事♪
早速ステアリング下のパネルを外して…と思って手を差し延べたら、エアバックがあるじゃないですか(爆)
うかつに誤爆させると自分の身に危険が及ぶので、そっこーバッテリーのマイナス端子を抜く。
しばらく放置してから作業再開。パネルを外しまずは、アクセルのコネクタ、ブレーキのコネクタ、クラッチのコネクタを探す。
↓アクセル、ブレーキは容易に見つかるがクラッチは見つけにい。右側黒いコネクターがアクセル、緑色はブレーキのコネクターこれを外しておきます。

しかも、スイッチが2個持ついてやがる(-o-;

2個ついてる理由は、
・エンジン始動時にクラッチを踏ませて誤発進しないように安全性を高めるため。
・車が停車してからアイドリングストップ→発進時に即座にエンジンスタートさせるため。

よーく、よーく考えどうやらスイッチのタイミングが違うということに気が付き一番奥まで踏んだときに作動するスイッチに配線を割り込ませることにした。
かなり、奥まっているので写真は撮れませんでした。

↓オーディオの後ろから車速の信号をいただく。見にくいけど、薄紫色ね。

↓ブレーキからの信号は、専用のハーネスを使って楽チン取得。青と黄色を使用。

↓配線をタイラップで束ねて、付近にいるハーネスに抱き合わせる。

ECUユニットの左側面に、PIVOTのユニットをぺたっと貼り付けて準備完了。
ここまでで、ざっと2時間。考えながら作業していただので結構な時間がかかってしまった…。

↓PIVOTのEUCを後方から

下側のコネクタは、各信号を拾ってくる物。
真ん中は、外部コントローラへの出力。
一番上は使用しないらしい。(ぢゃー、いらなくね?)

最初の初期設定と動作確認をし作動することを確認。
インパネ下のカバーを元通りにつけて、はい作業終了♪

3時間くらいかかる代物でした…。
ってか、装着例がないから手探り状態でしたので時間がかかったと思います。
手順があれば1時間くらいで終わるでしょ~。

次は、外部コントローラの埋め込みですね(汗)
スポンサーサイト
trackback -- |  comment (0) |  編集

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。