こじろーのこと

こじろー

Author:こじろー
こじろー。
スキー。
前向きくるくる。
後ろ向きくるくる。
縦、横、斜めなど…。
チャリ。
主に下り、たまに飛んだり。

右ひざ前十字靭帯断裂。
再建手術した。
復活した。

ま、適当です(笑)

Sponsored By
Ski:STRICTLY
Pole:DOGtooth
Helmet:URGE
Drink:BEAST EYE
Shop:Jocks
Boots insole&Tuning:tp

Sponsored By
MTB:重力技研
Helmet:URGE
Wear:drop8 ←New!

今後の予定
アキグリーンフェスティバル(長野)
・5/11-3時間エンデューロ
・5/12-80kmMTBロングライドレース

セルフディスカバリーアドベンチャー(長野)
・5/26-100km

Downhill Avalanche Series#2(岐阜)
・8/10、8/11-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#3(岩手)
・8/30、9/1-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#4(新潟)
・11/16、11/17-ダウンヒルアバランチェ

Downhill Avalanche Series#5(長野)
・12/22、12/23-ダウンヒルアバランチェ

2013年度
隣の里山ロング:10本/50本

~過去~
MTBで走った本数
('12/4/1~'13/3/31)
里山ロング:101本
里山ダウンヒルショート:40本
通勤山越え:27本

マテリアル紹介

MTB:JAMIS DAKAR XLT 3.0

'09のダウンヒルマラソンでスイングアームが折れた。

MTB:COMMENCAL META5.5

MTB:COMMENCAL SUPER4

'11/4月にクラックがかなり入って今後の使用不可。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

携帯版こじろぐぅByこじろー

QRコード

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

--/--/-- -- --:-- - category:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |  comment -- |  編集

今日は富士見 

2014/09/20 Sat 10:41 - category:ちゃり

来週のレースに向けて、今日は富士見パノラマでダウンヒル。

いつものインテンスと違ってポジションの違いにあたふたε-(´∀`; )

倒しこみと、タイヤのグリップの確からしさを感じて来たいと思います。

スポンサーサイト
trackback -- |  comment (0) |  編集

乗鞍MTBエンデューロを終えて 

2014/09/14 Sun 22:31 - category:ちゃり

遅くなりましたが、やっとゆっくりできたのでまとまらないまとめをしたいと思います(笑)

今回、乗鞍で行われるエンデューロっていう大会は、最近世界でも注目されてきているレースで、自走で上って(リエゾン)下って(SS:スペシャルステージ)、SS区間の合計タイムの速さを順位づけるものです。

イメージ的には、ラリーと同じですね。

私の追い求めていた大会がついに日本で実現したわけですよ。

朝は、ベースの標高が高いため霧が立ち込めていましたが時間がたつにつれ青空と気持ちのいい日差しでいっぱいでしたね。
そして、国内初のエンデューロということもあって、200人以上の参加者がいました。

そして、走りに行くときの装備はこんな感じでしたね。リュック、チューブ、ポンプ、飲み物に下り用にフルフェイスのメット。
それに、タイヤも上りは、まーまーな感じで上がればいいかな?って思い、フロントはマキシス ハイローラー2に リアはマヴィック チャージ。

試走を行って分かった結果としては、SSの漕ぎを入れるポイントが重要であり、パンクのリスクは少ないだろうと感じた。
なので、フロントタイヤはしっかりとグリップして欲しいからそのままで、リアを転がりの良いマヴィック ロームに変更。
タイヤの空気圧は低圧でパンクさせるリスクを回避すべく自分では異例なくらいのセッティングにしてみた。

SS1は、やや荒れ目のジープロードで所々でシケインが作ってあり、うまくコーナリングしスピードを殺さずいかにトップスピードに乗せるかが勝負。
SS2は、シングルトラック?をスピードをできるだけ維持したままスリップダウンしないようにこなし、前半にある短いけど厄介な上り返しで、どれだけ体力を使えるか。そして、そのあとのバームの永遠と続く(笑)スラロームをスピードを殺さずに曲がれ、漕ぎを入れれるかが勝負。
こんな感じでしたね。なので、コースのライン取りとかはぶっちゃけあまりタイムに影響しないと思った。

今回は、年齢のカテゴリー以外にもチャンピオンクラスがあり、Jシリーズでエリートのメンツがゾロリ(汗)

この中で、自分なりの最高の走りができるペース配分を考えることに注力した。

会場からSS1に向けたリエゾン区間スタートが決まっているので、それまでにアップをはじめる。
SS1までかかる自走時間は長くても30分だろうなーっと思っていたのでできるだけゆっくり、乳酸を溜めないように足をクルクル回して時間を稼ぐ(笑)途中で何人も後方から抜かれましたが、そこは順位に関係ありませんからね(^o^;)

SS1地点についてからは、体を休めながら冷やさないようにストレッチをしながら、時間を待つ。

そして、スタートの順番が回ってきて、カウントダウン。
5,4,3,2,1…

ロケットダッシュもばっちり決まり、まずはダンシングでトップスピードに乗せていく。
ある程度スピードが乗ったところで、まさかのシッティングモードで鬼漕ぎモード(笑)
SS1区間が2分強あるので、さすがに全部ダンシングだと息が上がってしまうから、フルサスと650Bの特権を活かし、今まで出たダウンヒルマラソンの経験からシッティング鬼漕ぎが一番!と考えた。
結果、ガレ場の下からの突き上げがあるけど漕いでいける!途中ドロドロの沼地があったけど漕いでいける!そして、シケインに入る前に前走者が視界に入り、最後のシケインが終わったところでパスした。すごくパスするタイミング的にも良くタイムロスすることもなかった。

SS1終了時点で、クラス1位!
2位との差、9秒。全体のタイムで見ても、3位とかなり良いところに入った。(^o^)

この調子でSS2もこなしたいところ。

SS2の出走時には、雨の影響がなくなり、ほぼドライと同じ状態になってきた。
SS2スタート直後は、大勢が走った影響でちょっとフカフカになっていてダンシングするもちょっと滑る。

そこを、サスの動きに合わせスピードを徐々に乗せていきながら各コーナーをクリアしていく。
そして…問題の上り返し(汗)ダンシングで無駄な体力を消耗せないように、ここもシッティング。
ここでも、前走者が見えていたので声をかけながら抜かせてもらい、そのままの勢いでスラロームへ。

決勝の走りだけあって、予定していた以上に体力を消耗していたらしく、後半は足が回らず(汗)
それでも、なんとか漕ぎ続けゴール前のスプリント!!!!!

ゴールした後は、乳酸が溜りまくって、チャリから降りることができないくらいだった(-o-;

そして、ここからの勝負は会場まで戻るリエゾン。
上りなんですよねー(涙)ここをヒーコラヒーコラ上がって、やっと終了!

全員が走り終わるまで結果が出ないので、片づけをしながら、その時を待った。

ちょっとした、トラブルがありましたが念願のタイトルを獲得することができました!
クラス優勝!そして、全体を通して4位!自分なりにうれしかったと同時に、再度課題も見つかったことで次回へ向けて頑張れるような気がします。

いつもいつも、サポートしていただいている、重力技研様、URGE様、drop8様本当にありがとうございます。
また、応援していただいている方々にほんと感謝です(涙)

チャンピオンくらいにはJシリーズでも活躍されているメンツが、ドーン、ドーーン、ドーーーンと待ち構えています。
次回は、この方々との勝負になりそうです。ハードルが高いな…(汗)

重力技研チームで、舘兄(クラス優勝)、私、西田さん(クラス2位)

drop8チームで舘兄、私

これまでの努力した結果が成果となって現れた大会だったと振り返ります。
いつも走っている山なんて標高200mもない丘みたいな山ですけど、頑張ればここまでできるんだ!と自分に自信とさらに次の目標を与えてくれました。ほんと、この里山にも感謝感謝!

帰る途中、大会期間中にまともなごはんが食べれていなくご飯食べたい!って思っていたら、ひまわり畑(笑)夏ですね(笑)

そして、洋食屋さんにピットイン♪

特大のハンバーグに半ば無理やり?結構な大盛りご飯を注文(笑)
結構大盛りご飯が到着♪店員さんありがとう!

オーダー表に書かれている文字は…
”ライス超大”(笑)おなかも心も超満足でした♪

最後に、大会はダウンヒルに特化しているわけでもなく、上りに特化しているわけでもなく、ショートクロカンレースみたいな感じで、バイクのチョイスは何を選んでも走れちゃうようなコースだったし、老若男女問わず楽しめるレースだったんじゃないでしょうか?世界のスケールに近づけるには難しいけど、これからどんどん良くなっていくだろうし、MTB乗りの視線も変わってくるんじゃないかと思います。

そして、レースに快く送り出してくれた家族に一番の感謝!(^o^)丿
trackback -- |  comment (0) |  編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。